2014年3月アーカイブ

捻挫を侮ることなかれ

| コメント(0) | トラックバック(0)

甲斐整骨院帯山院です。

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

先日、友人の娘さんが部活中のケガで来院されました。

何でも、バスケット部の練習中に太ももの付け根を傷めたらしく

診断の結果、軽い肉離れを起こしていました。

電気治療とテーピングで固定し、2~3日様子を見てもらうことにしました。

 

この方は、半年前ほど前にも部活中の捻挫で来院された経験があります。

そもそも捻挫とは、ひねって関節を痛める怪我のことで、

正式名称は「靭帯損傷(じんたいそんしょう)」と言います。

この靭帯損傷(捻挫)は、手や足をひねった際に

不自然な形で関節をひねることにより

靭帯が伸びる、切れるなどの症状が起こり

周囲の血管が切れた場合は、

内出血を起こして腫れます。

このような場合、よくご家庭では

湿布等で冷やしてから様子を見る場合が多いですが

甲斐整骨院帯山院では、

ハイボルト(高電圧電流器)で深部に達する刺激を与え

筋肉の緊張を緩和し、炎症をおさめます。

さらにテーピングは、

負傷した部位の悪化を防ぐため

しっかりと固定します。

こうすることにより、通常では1週間以上かかるといわれる症状も

早い方で2~3日で症状がおさまり

練習に復帰される方も多いです。

捻挫とは靭帯損傷のこと。

ただの捻挫とあなどらず、適切な治療を心がけましょう!



熊本市帯山甲斐整骨院帯山院公式サイトへ   熊本市合志甲斐整骨院合志院公式サイトへ   熊本市帯山甲斐整骨院松橋院公式サイトへ

熊本市山鹿市甲斐整骨院山鹿院公式サイトへ

心的負担による体調不良

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんいかがお過ごしですか?
熊本市の甲斐整骨院帯山院です。

長い冬が明け、春の雪解けがはじまると
人間でいう、受験シーズンの終わりと、
いよいよ卒業・入学時期の到来を感じます。

泣いても笑っても、
何とか気持ちの整理をつけて、
私たちはやはり前に進むしかないんだなぁ~と
ほろ苦い感傷が蘇ります。

ちょうど卒業式へ向かう
袴姿の学生達に出くわした時のことでした。

4月には、入学式や入社式といった大きなイベントを控え
新しい出発に期待を膨らませながらも、
不安やプレッシャーを感じる方も多いのではないのでしょうか。

この時期はそういった意味で、
心身のバランスを崩される方が多いです。

例えば、受験疲れの生徒さんやそのお母様。
そう、受験といえば、決して当のご本人だけの問題ではなく
がんばる背中を応援し、見守ってきたご家族の心的負担だって大きいのです。

そういった意味で、緊張の糸がふっつりと切れたかのように
この時期、どっと疲れが押し寄せて体調不良になる方が多いんですね。

人間は、悩みや心配など、
ストレスを抱えてしまうと筋肉が緊張する傾向にあり
その筋肉の緊張によって体がゆがみ、
体調不良へとつながります。

熊本市の甲斐整骨院帯山院では、
自律神経と体のゆがみを整え
心的負担から来る体調不良を解消します。

新しい門出に向けて体調は万全に!
甲斐整骨院があなたをサポートします!!



熊本市帯山甲斐整骨院帯山院公式サイトへ   熊本市合志甲斐整骨院合志院公式サイトへ   熊本市帯山甲斐整骨院松橋院公式サイトへ

熊本市山鹿市甲斐整骨院山鹿院公式サイトへ

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

熊本市帯山甲斐整骨院帯山院公式サイトへ